「いる?」「いらない?」から考える「結婚指輪」

結婚指輪は必要なのか?

挙式で必ずと言っていいほど見かけるのが、『指輪交換』の儀式。結婚の証でもあり、日常生活の中でも、左手の薬指に指輪をしている人を見れば、既婚者の印として誰もが認識します。でも、結婚指輪は、本当に必要でしょうか。これから結婚する方は、ぜひお二人で一度考え、話し合ってみてはいかがでしょうか。まず、結婚指輪は、決して安いものではありません。そして、当然ペアで購入します。相場はペアで20万円と言われています。20万あれば家電がそろいます。でも、一生に一度(と言われる)大切な証。本当要るか悩みどころですよね。

結婚指輪は「いらない」派

結婚指輪は「いらない」派は、まず『指輪をしない』ということを大前提に考えている方です。体質の問題、例えば金属アレルギーがあるとか、仕事上付けられないなど、様々な理由があります。特に、飲食系、調理人、サービス業等のお仕事をされている方は、NGとされることもあります。結婚指輪を夫・妻のいずれか一方しか身に付けないことほど、寂しいことはありません。結婚指輪は、二人ですることに意味があります。あえてリスクを挙げるとすれば、未婚者だと思われる可能性がある、という点です。特に、モテる旦那さん、モテる奥さまの場合は、『虫よけに』指輪を使うこともあるようですね。

結婚指輪は「いる」派

結婚指輪は「いる」派は、『いらない』ということすら考えない人です。最近では、普段は指輪を付けないけれど、特別な日(結婚記念日や入籍記念など)にだけ付けるという人もいるようです。節目を大切にしたい、という思いが伝わってきます。結婚指輪は「いる」派は、気合を入れて指輪を選ぶでしょう。その際、どうしても値段とデザインに目が行きがちですが、大切なのは、【付け心地】です。太さが1ミリ違うだけで、指輪が邪魔になるか、自然に付けられるかが決まります。邪魔だと思えば、特に男性は確実に指輪をしなくなります。また、女性用で気をつけたいのが、【立て爪】と呼ばれる、中央に出っ張るようにダイヤが配された指輪です。これは、THE指輪というオーラを放ちますが、他人を傷つける恐れがあります。洋服にひっかかるぐらいでは済みません。人の皮膚をひっかいて流血させることもあります。「いる」派は、ぜひ安全で付け心地の良いものを選んでくださいね!今回は、結婚指輪の「いる」「いらない」について考えてみました。一生に(ほとんどの場合)一度の買い物です。共に過ごす時間をどうか素敵な結婚生活を!

結婚指輪とは、結婚をした男女がお揃いで左手薬指にはめる、指輪のことです。以前はプラチナ製でシンプルなデザインが主流でしたが、今では幅があり装飾されたゴールドが人気となっています。